スムージーと運動は便秘にどのような効果をもたらすのか?
スムージーと運動は便秘にどのような効果をもたらすのか?

便秘でつらい

女性はもちろんですが、最近では男性の方も便秘で
悩まれているのをよく聞きます。

便秘となればやはり気分もすっきりしないし身体も辛いですよね。

冷えからはもちろんですが腸のぜん動運動の機能低下もありますし、
ストレスはもちろん様々な環境によっても便秘になりやすくなります。

毎日出てくれたらと切実に願いますがなかなかそうもいかず…
薬に頼ってしまう方も少なくはないかと思います。

腸の機能

便を排出するのは腸の機能の一つではあります。

実は腸は脳とは関係なく独立している臓器なので
いくら頭で「出ろー」っと念じても無理なのです。

栄養を吸収してくれたり食べ物の栄養分の
残りかすを排出してくれたりします。

そのほかにも病気の予防はもちろん老化防止も
してくれると言った優れものなのです。

よく善玉菌・悪玉菌・日和見菌と聞くかと思います。

腸内の細菌です。

免疫力を高めてくれたり身体自体の機能を
よくも悪くもする力さえ持っています。

もちろんやはり善玉菌を増やすことが大切なのは知ってるかと思いますが、
知らなかった人はラッキーです。覚えておきましょう。

善玉菌は、日々の生活で食品などからも取り入れることが出来ます。

悪玉菌の増殖を抑えてぜん動運動を促してくれますので進んで摂取しましょう。

善玉菌を増やすには?

ただプロバイオティクスヨーグルトを
食べればいいと言うわけではありません。

善玉菌を増やす=喜ばす(活性化)には『食物繊維』を
摂取してあげると増殖傾向にあります!!!

しかも生の食物繊維が一番良いとされていますので
スムージーがかなり腸内に良い影響を及ぼしてくれます。

スムージーで善玉菌を増やそう

スムージーと言えば加熱していない
生の野菜や果物を水で割って作ります。

つまり、生の食物繊維がしっかりと摂取できると言うことです。

すると、先ほどもお伝えしましたが善玉菌が喜んでくれて
悪玉菌を減らし腸のぜん動運動を促してくれて便秘になりにくくなります。

善玉菌が多いと宿便などもしっかりと排出してくれるため便はほぼ臭いません。

スムージーにヨーグルトを入れて一気に取っちゃおうと考えがちですが、
スムージー本来の効果を高めるにはきちんと水で作ることをお勧めします。

スムージーを作って最近よく販売している
粉瘤タイプの乳酸菌を混ぜるようでしたら構わないとは思います。

まとめ

便秘で悩んでいる方はまず食物繊維と乳酸菌を
しっかりと摂取することを考えましょう。

1日のうちにしっかりと水分を摂取することを心がけて
時にはお腹をひねったりと言う運動もプラスで入れると良いでしょう。

スムージーを飲みだせば消化もペースト状なので
胃腸への負荷がかかりにくく便を排泄しやすくなります。

夜にヨーグルトを食べて朝はスムージーと言う
サイクルがなかなかいいかもしれません。

ぜひお試しください。

最後に、便で腸内環境をチェックしてあげましょう。

〈コロコロタイプ〉

かなり固め、食べ物が長い時間腸内に止まっている。食物繊維や水分不足

〈バナナタイプ〉

腸内環境はかなり良い。

〈ペーストタイプ〉

サッと出る。水を流した時に便が崩れ広がる。
消化不良、脂肪分の摂取が多くなっている。

便の色は腸内にいる時間によって変わってきます。

短ければ薄く黄色いもの長ければ黒ずんできます。

流す前にきちんとチェックしましょう。