スムージーと食物繊維は便秘にどのような効果をもたらすのでしょう?
スムージーと食物繊維は便秘にどのような効果をもたらすのでしょう?

便秘と食物繊維

便秘には食物繊維が良い!!とテレビなどでもお馴染みですよね。

レタス2個分の食物繊維入りと書かれていたりする商品も多くあります。

ただ、気を付けなければいけないのが取りすぎなどには注意が必要です。
取りすぎてしまうと反って便秘になってしまうケースもあります。

食物繊維には種類があり『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』があります。

これらをバランスよく摂取しないと便秘になってしまう事があります。

どちらか片方だけ摂取していれば便秘が改善すると言うわけではないと言うことです。

それぞれの働き

○水溶性食物繊維

腸内の余分な水分を取りこんで便とまじりあいます。

すると便が柔らかくなり排便しやすくなる性質を持っています。

腸内の老廃物をくっつけて排出もしてくれるためデトックス効果も高く
善玉菌の栄養分になる性質なので、悪玉菌を減らし腸内環境が整いやすくもなります。

○不溶性食物繊維

腸内で水分を含んで膨らむ性質があります。

すると便の量が増えるため腸壁が刺激され腸のぜん動運動を活発にしてくれます。

不溶性食物繊維は水分を含んで膨らみますが
水に溶けない性質ですので滑りが悪くなってしまいます。

つまり、食物繊維を摂取しているけれども便秘が解消されない方は
不溶性食物繊維を多くとってしまっている可能性が高いのです。

葉ものや野菜や豆類は不溶性食物繊維が多いため
これらばかり取っていると反って便秘になってしまいます。

スムージーでバランスよく

葉野菜を使うことが多いスムージーですが、
水溶性食物繊維を多く含む食べ物を一緒に摂取すれば
沢山レタスばかり食べていた人には効果が上がるかもしれません。

スムージーで使いやすい水溶性食物繊維を多く含む食べ物は『アボカド』です。

他には、オクラやキノコや海藻などに多く含まれています。

葉野菜とアボカドとフルーツを一緒に混ぜた
スムージーの摂取を便秘に悩まされていた方に
是非試していただきたいと思います。

スムージーと言えばドロッとしていて無図で割って
作りますのでやはり胃腸への負担も軽減されます。

すると腸への移動が速く水分も豊富で考え抜かれた
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の力によりすっきりするのはもちろんですが
機能低下していた腸も活発に動けるようになってきます。

色々考えて、レタスやキャベツなど食べるよりも効率よく
バランスよく栄養分を補給することが大切ですね。

薬やサプリで手軽に済ますよりも自然の力で体の中から綺麗にしてあげましょう。